ワクチンパスポート

コロナ対策を名目に世界各国でワクチンパスポートの導入が進んでいます。先行的に実施されているイスラエルやフランスなどの状況を見ると,パスポートは半年ごとの更新が必要で,国民は半年ごとにワクチンの接種を義務付けられています。
中国は,スマホを利用して,健康パス・スマホ決済・位置情報による移動の追跡などによる国民監視体制を構築しています。資本主義陣営においても中国同様の監視体制を作るということが,ワクチンパスポートの目指しているものです。




 


 年2回接種・生涯接種

◇パスポートの有効期限は半年。半年ごとにワクチン接種が必要。

◇生後6ヶ月からワクチン接種を開始。生涯ワクチンを打つことが構想されている。